胸がしぼむのは卒乳したママだけじゃない!胸が小さくなる様々な理由と改善方法

妊娠すると、その影響で胸が大きくなりますが、生まれた赤ちゃんに授乳していくとだんだん胸の形が崩れていきます。

やっと卒乳したと思ったら胸がしぼんでバストサイズも小さくなったなんて話は珍しくありません。

私の母もその一人。「●●●(私)と●●(弟)に吸われてしぼんだわ!!」なんて言われました(笑)

私はまだ妊娠出産経験がないのですが、自分の胸がしぼむと考えるだけで悲しくなるのでがっかりする気持ちはわかります。

実は胸がしぼむのは卒乳したママさんだけじゃないのはご存知でしょうか?

妊娠出産経験がなくても胸がしぼんだり小さくなってしまうことがあります。

その原因や改善方法についてご紹介します。

卒乳ママの胸がしぼむ理由

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンにより乳房の中にある乳腺が発達します。

乳腺は母乳を分泌する役割を持っています。

赤ちゃんが生まれ乳頭をくわえさせて吸うことで母乳を飲ませることができます。

母乳を飲ませるようになると脳がプロラクチンというホルモンを増加させて母乳が生成されたくさんでるようになります。

しかし卒乳するとプロラクチンは分泌されなくなるので同時に乳腺が衰退していき胸がしぼんでしまいます。

胸がしぼむのは卒乳ママだけではない

胸がしぼんだり、小さくなったりするのは妊娠出産を経験したママだけではありません。

若い女性や妊娠・出産したことない女性でも起こりうることなのです。

女性ホルモンの低下

主な原因は女性ホルモンの分泌が少なくなることです。

女性ホルモンの分泌を少なくする要因は以下になります。

  • 睡眠不足
  • 加齢
  • 偏食
  • 喫煙
  • ストレス
  • 水分不足
  • 手足の冷え

これらが女性ホルモンの分泌を低下させるので当てはまる方は改善が必要です。

クーパー靭帯の損傷

私たちの胸は乳房の中にあるクーパー靭帯という靭帯によって支えられており胸の垂れを防いでくれています。

このクーパー靭帯が伸びたり、キレたり、傷ついたりしてしまうと胸の形が崩れ、胸が垂れたりしぼんだり小さくなってしまいます。

クーパー靭帯が傷ついたり伸びたりする理由は様々あります。

  • ブラのサイズが合っていない
  • ノーブラまたはブラの装着時間が短い
  • 運動・スポーツによる体の揺れ
  • 加齢
  • 妊娠や授乳
  • 姿勢が悪い

一度伸びたり、切れたりしたクーパー靭帯は修復不可能なので要注意。

損傷を予防するには、サイズの合うブラをなるべく長い時間装着したり、ナイトブラをつけて寝たり、運動時はさらしを巻いて揺れないようにしたり、胸筋を鍛えることが最適です。

しぼんだ胸をバストアップさせる方法

規則正しい生活習慣をとる

バランスの良い食事をとり、適度に運動をして、しっかりと睡眠をとる規則正しい生活をとることでホルモンが分泌され活発しバストアップにつながります。

ストレスをできるだけためず、自分なりの方法で解消することも大切。

お水も一日2Lはとるようにしましょう。

体を温める

冷えは万病のもとというように、冷えは胸が縮むもとでもあります。

朝起きてすぐ白湯を飲んだり、しょうがや大根など体を温める飲食物を摂取して体を温めましょう。

首・お腹・手足を温めるのも効果的です。

胸筋を鍛える

胸を支えるクーパー靭帯の損傷を防ぐなら大胸筋や小胸筋を鍛えるのがベスト。

バストアップすることで有名な手を胸の前で合わせて胸に力を入れる筋トレや腕立て伏せが効果的です。

バストアップマッサージ

筋トレと一緒にバストマッサージをするとさらに胸のハリアップにつながります。

お風呂上がりや寝る前などが効果的。

リンパを流しながら、腕やお腹、脇、背中のお肉をバストに寄せ集めるようにマッサージしていきましょう。

マッサージオイルやクリームをつけてからやると滑りもよくやりやすいです。

リファなどの美容ローラーを使ってケアするのもひとつの手です。

正しいバストサイズのブラを装着

ブラをつけて乳房の下の方が出ていたり、サイズがきつかったり、お肉がのってしまっていたらサイズが違う証拠。

もう一度測り直しバストにぴったりなブラをつけましょう。

きつすぎるとリンパの流れが悪くなり、逆に緩すぎるとお肉が流れてしまうのでジャストフィットがベスト!

しかし、正しいサイズでもつけ方が悪いと意味がないので正しくブラを装着しましょう。

胸がしぼんで垂れぎみならバスト・脇肉・背肉を寄せ付けてキープするブラをつけることでバストが元の位置を覚えバストアップにつながります。

脇肉キャッチャーの効果・特徴・口コミ!サイズや価格など紹介!

2017.04.25

寝るときはナイトブラを装着

寝るときはノーブラで寝ずに、ナイトブラを装着して就寝しましょう。

ナイトブラは締め付けがなく伸縮性が優れしっかりとホールドしてくれるものがおすすめです。

ナイトブラをすれば背中や脇に肉が流れにくくなるので垂れたり脇肉・背中のハミ肉防止にもなります。

おすすめはノンワイヤーでつけ心地がよく伸縮性のあるジニエブラエアーです。

ジニエブラエアーの効果・特徴・口コミ評価!単品で買える?安く購入する方法は?

2017.04.26